四ッ谷酒造は、九州北部宇佐八幡のお膝元、周防灘を望む大分県宇佐市に位置し、四ッ谷兼八により大正八年(1919年)に四ッ谷酒造場として創業しました。
当時、四ッ谷兼八は魚市場を経営していて、九州各地に商いを広げ、その際各地で口にした焼酎の旨さが忘れられず、自らの手で旨い焼酎造りを目指したと伝聞しています。

 三十代半ばで戦死した三代目・四ッ谷兼彦の志を受け継ぎ、妻 シゲ子(当時30歳 2001年7月まで四ッ谷酒造場代表)が女手ひとつで焼酎造りだけは守り抜きました。

 その母の後ろ姿に感銘を受け高校卒業と同時に四代目四ッ谷芳文が蔵に入り、本格的に麦焼酎へ取り組み、現在への礎となりました。

 1999年1月、五代目四ッ谷岳昭が家業への郷愁に魅かれ、大阪から家族共々帰郷。

 2001年7月、四ッ谷酒造有限会社として法人成

 
現在、四代目と五代目で創業当時から受け継がれてきた技と志で焼酎造りに専念しています。

初 代

二代目

三代目

四代目(右)と五代目(左)

表 紙 | 蔵の思い | 製造工程 | 商品のご紹介 | リンク | 日 記